「GLOBAL SPROUT」立ち上げストーリー

July 17, 2015

GLOBAL SPROUT」は「持続可能な社会」を目指して生産している商品”を扱っています。

 

「持続可能な社会」という言葉を聞いて、どんな社会をイメージしますか。

 

最近は「地球にやさしい」とか「エコ」とか「持続可能な社会」に関連する”キャッチ―”な言葉だけが一人歩きしている気がしています。かと言って、私もはっきりと自信を持って言葉にできるものがなく、このページ内でもたくさん「地球にやさしい」という言葉を使っています。

 

 

そもそもなぜ「持続可能な社会」を目指したいと思ったのか。

 

よく日本に来た外国人が「日本はクリーンな国」と言います。確かに、埃がひどくてむせることはほとんどない、家に帰ってから鼻をかんでも黒くならない、まさに日本の誇れるところだと思います。上京したばかりの10年前、実家がある長野県の田舎に帰省すると「空気がきれいだ~」と感動しましたが、最近は少なくなりました。

 

 

でも、世界に出てみると、

 

日の入りが地平線より少し上に見えたり(地平線というより埃の層?!)、

 

PM2.5の影響で滞在3時間で頭が痛くなったり、

 

人間にも関わる様々な悪影響が出ています。

 

日本は技術進歩のおかげで素晴らしく快適な場所になっていますが、技術進歩で自国だけが快適な生活になることで他の国に悪い影響を与えていることはないのだろうか、世界市民みんなにとってよい方向に向かうことはないのだろうか、と同時に考えたりします。

 

地球の歴史に比べたら、本当にちっぽけな歴史の中でなのに、こんなに地球を汚染していることがたまに恐くなるのです。

 

しかし「私にできることって?」と考えると、規模が大きすぎて何もできない自分がいます。確かになにもできない、でもほんの少しでも「持続可能な社会」のために行動すれば、ほんの少しでもいい方向にいくかもしれない、だからできることから行動していきたい!と思ったのです。

 

そして同じように思っている人にもほんの少しでも行動に移してもらえればと「GLOBAL SPROUT」を立ち上げました。

 

 

「GLOBAL SPROUT」が考える「持続可能な社会」とは・・に続く。

 

Please reload

Recent Posts

December 17, 2015

Please reload

Archive
Please reload

Search By Tags
Please reload

Follow Us
  • Facebook Basic Square