益井園

 

セネガルでの協力隊活動中、農家に農薬不使用栽培での農業を指導したことから、帰国後、自園でも農薬不使用栽培での紅茶作りを始めました。慣行栽培だった煎茶作りも、低農薬からオリジナル茶園管理方法を試行錯誤をしながら今の農薬不使用栽培までに完全移行しました。

 

紅茶作りを契機に、熟成煎茶、台湾製法青茶、オリジナル発酵茶と幅を広げながら、生産から販売までをする自園自製自販茶農家に転換しました。循環型茶業が、日本のお茶が本来持っている新しい魅力を引き出していると異業種の方々からも高く評価されています。

 

益井園ホームページへ