kikoibrand

 

24歳で東アフリカのウガンダ共和国にてボランティア活動に従事。 

 

四度のマラリアを経験しながらも現地の子どもたちや現地のひとたちの優しさに触れ乗り越えることができました。これらの経験から途上国と日本を繋ぐ架け橋となれる様な、社会に意味のある仕事がしたいと強く思うようになりました。 


途上国と一括りにされている場所にも、素晴らしい資源と可能性がある。 

 

2011年帰国後、東アフリカで出会ったキコイ布(自然素材でできたケニア共和国伝統的な腰巻)の普及/需要拡大を目的とした事業を立上げました。

 

kikoibrandホームページへ