July 21, 2016

ブータンの伝統的な民族衣装をつかった小物に、ブータンのろう学校に画集を贈る寄付を含んで販売している「CHARO CREATION」『CHARO CREATIONの挑戦【前編】』でお伝えしたとおり、先月ブータンを訪問し、画集を寄贈してきたそうです。そのときの様子のレポートをいただきました。

前回の記事でお知らせしたとおり、6月4日~8日、たった5日間でしたが、ブータンでの配属先だったろう学校を再訪しました。

3年半ぶりのブータンは懐かしいと同時に、発展の兆しがあちこちに見え隠れして、時が経ったことを感じさせます。

学校に訪れてびっくりしたことと言えば、私が作った美術室が、建物ごとなくなっていたこと。職業訓練の立派な建物に建て替わっていました。もともと職業訓練の施設が充実しておらず、先生方も熱望されていたものだったので、まあ仕方がないか、なのですが…

美術の授業は予想通り継続されてはおらず、ボランティアの派遣もない現在は時間割にも入っていない状態です...

June 2, 2016

カタログギフトでも紹介している「CHARO CREATION」。

 

「CHARO CREATION」の商品は、ブータンの伝統的な民族衣装をつかった小物に、ブータンのろう学校に画集を贈る寄付を含んで販売しています。このたび、ついにその寄付をブータンへ届けることができるようになったと連絡をいただきました!

帰国してから行ってきた雑貨制作販売により皆様からお預かりしたお心づけを、ついにブータンへ届けることとなりました。画集、絵本などを購入するだけの予算が集まり、順次揃えてまいりましたが、6月上旬、配属先のろう学校へ行ってまいります!

 

西洋美術の本、絵本、浮世絵の本など、合計25冊を寄贈させていただく予定です。

この様子は、帰国後に詳しくご報告できたらと思います。

 

思えば、いろんな人を巻き込んだ取り組みでした。活動を始めて3年、人のありがたさを痛感しました…

関わってくださった皆様に、感謝の一言です。本当にありがとうございました!!

 

帰国後も現地での様子をレポート...

December 17, 2015

今週の始めから順次、クラウドファンディングのリターンを発送しています。​!

 

■リニューアルしたカタログギフト(スプラウトコース/リーフコース)をお届け■

 

この商品はこちらから購入することもできますので、クラウドファンディングには間に合わなかったけど、手に取りたい方はぜひこちらからどうぞ!

http://globalsprout.theshop.jp/

 

 

■特別ページにお名前掲載■

http://www.global-sprout.com/#!Thanks-to/c1g8y/5672295d0cf274f69815857c​​

 

今回のリニューアルに関わっていただいた方へのお礼の1つ「特別ページにお名前掲載」はこちらに掲載させていただきました。様々なコメントもあり、この想いを忘れたくない!ということで、コメントも掲載させていただきました。

 

 

■★限定★スプラウトA(新規雑貨)セット■

ウガンダとカンボジアから届いたばかりのピアスとコースターをお届けしました。

...

December 17, 2015

買い物でよりよい未来を!青年海外協力隊OBOGが手がける商品カタログをリニューアル

 

にご協力いただいたみなさん、本当にありがとうございました!!

 

本ページは、リターンの中に含まれていた「特別ページにお名前掲載」です。

本当に多くの方にご支援いただいたのだと感じ、嬉しく思うのと同時に、これからもより多くの人に伝えていきたいと改めて感じるページになりました。

 

■2015/10/5 beertje様

 

■2015/10/5 はまだ様

「応援しています!頑張ってください!」

 

■2015/10/6 支援者様

「素敵な活動の一助になりますように。陰ながら応援させていただきます。」

 

■2015/10/7 たかし様

「頑張ってください。応援しています。」

 

■2015/10/9 MatsuiNatsuho様

「世界が身近なカタログギフトになるよう応援してます!」

 

■2015/10/10 赤松様

「協力隊のみなさんの想いを形にする素敵なプロジェクト、心から応援しています!^^」

 

■...

November 20, 2015

ご支援いただいた皆様、「買い物でよりよい未来を!青年海外協力隊OBOGが手がける商品カタログをリニューアル」ご協力いただき、本当にありがとうございました!!

 

最終ファンド金額:405,000円(43名)。

 

目標金額:750,000円に対して54%で目標金額には達しませんでしたが、多くの方に知っていただく機会になり、皆様にご支援いただき、本当に感謝感謝です!

 

これからも様々なストーリーとともに皆様にお届けできればと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

 

 

 

November 20, 2015

カタログギフトをリニューアルするために行っているクラウドファンディング、

買い物でよりよい未来を!青年海外協力隊OBOGが手がける商品カタログをリニューアル

 

本日最終日!

 

まだまだ目標金額に達しておらず、焦っているわけですが、最後まで粘っていこうーーッ!ということで、そもそも、なぜこのカタログギフトを作成しているのか、カタログギフトを手に取るとどういう社会があるのか、という想いをもう一度語らせてください。

 「GLOBAL SPROUT」を作成しているのは、一般社団法人 協力隊を育てる会で、青年海外協力隊事業をより多くの人に知っていただき、協力隊経験を社会で活かそうと、協力隊事業を支援している団体です。2年間の協力隊活動中、日本と全く違う環境の中で、様々な困難を乗り越えた協力隊OBOGは、途上国で社会の課題に直面し、その後の人生に影響を与えていることがわかりました。就職したり、研究したり、起業したり、ボランティアで活動をしたり、アプローチ方法は様々...

November 19, 2015

最後のカテゴリ「伝統文化継承」に関わる商品をご紹介。

 

縁結び工房

 

東南アジアのタイで長年、協力隊を始めとした国際協力分野の活動に携わってきた内山さん。休日になると織物が盛んな村を訪問、色鮮やかな布を見ては癒されていたといいます。当時は単純に布が好きで、村に通っていましたが、数年後に訪れると、工場やコンビニなどが働き場所になっており、これまであった村の光景が様変わりしていたそう。そこで、この伝統を絶やさないため、日本人にも手に取りやすいものを作成しているそうです。

 

 

お客さんをもてなすときにさっと出せるとスマートですね。

今回カタログをリニューアルをしていて、それに掲載する商品をご紹介してきました。今回だけではなく、小ネタをこれからも紹介して、持続可能な社会のためにどうアプローチしているのかをお伝えできればと思っています!

 

買い物でよりよい未来を!青年海外協力隊OBOGが手がける商品カタログをリニューアル」は残り2日!最後まで駆け抜けたいと思いま...

November 18, 2015

「途上国のイメージアップ」今日紹介する商品のカテゴリですが、これって大きなテーマだと思うのです。

 

あるとき友達に「●●村のおばちゃんが作ったんだって、いいよね〜」と言うと、「え、信頼性もないし、大きなブランドの方が信用あるじゃん」と言われました。そう言われれば、まさに!と思うところすぎて、なにも言い返せなかったのですが、今は、”現地の様子”や”作り手の話”をきちんと伝えることをそれを払拭できるのでは?と思っています。そしてそういう印象を少しでも増やしていくことで、途上国に対するイメージを向上できれば嬉しいです!

 

monsoon japan

 

アフリカ東部のマラウイで現地のお土産づくりを促進していた横山さん。あるとき父親を亡くした少年がそれをきっかけに夢を諦めてしまったことを目の当たりにし、夢を持てる社会にしていきたいと思ったそうです。アフリカにあるよいものを日本に届ける、日本の技術をアフリカに届ける、このことから日本とアフリカが近いものになればと...

November 10, 2015

青年海外協力隊で活動をして帰国した後は・・

 

海外で働く人だけではなくて、日本で様々な活動をしている人もたくさんいるのです!

今日は「③日本の地域活性化」を目指して活動している生産者の商品を3つをご紹介~

 

「しろくまジャム」、「若葉屋」、「益井園」

 

 

しろくまジャム

 

セントビンセントというカリブ海に浮かぶ島で活動をしていた武馬さんですが、セントビンセントに行く前「日本の農業は限界だ・・」と言っていた農家さんの言葉が忘れられず、商品のバックグランドや生産者の想いを伝えられるカフェを立ち上げました。静岡に拠点を置き、静岡の旬を伝える、身近にできることから挑戦しています。

 

 

カフェの目玉であるジャム。静岡の旬の果物を使っていて、季節によって果物が変わるそうです。色鮮やかなジャムなので、見ているだけでもよだれがじゅるりっ!

 

若葉屋

 

国際協力分野で活動していきたいからこそ、フランス語圏であるセネガルで活動していた若宮さん。しかし現地に行って気付いた”ロー...

November 10, 2015

今日紹介する商品のカテゴリは「②現地の人の収入向上のために」活動している生産者の商品。

 

「UG silk」、「空」、「amber houe」

 

の3つをご紹介!同じカテゴリではありますが、想いはそれぞれ。地域の特色に合わせた活動をしています。

 

 

「UG silk」

 

アフリカの東部に位置するウガンダの女性たちはみんなおしゃれに敏感!そんな女性たちが「もっともっと商品を作りたい!」とものづくりを楽しんでいることから、青年海外協力隊から帰国しても継続していこうと思ったという冨士さん。そして現地でこの活動をサポートしている吉田さん。今は別の仕事を持ちながら副業としてアクセサリーづくりをしている女性が、継続してものづくりをしていけるようにと活動を続けています!

 

商品はアフリカらしい鮮やかな色が印象的なピアス。これにアフリカの布でつくられたアクセサリーケースがつきます。夏の空に映えそうな色ですね。

 

「空」

 

「空」を立ち上げた青木さんは、まだ協力隊活動を終えたばか...

Please reload

Recent Posts
Search By Tags