アフリカ工房

 

青年海外協力隊として派遣されたズオ村。村のおばちゃん達に得意な事を聞いてみると、みんな口々に、「シアバターづくり」と口を揃えて教えてくれました。村では、天然の保湿クリームに、食用に、傷ややけどの手当てにと、万能薬として使われてきたシアバター。

 

帰国後、協力隊での活動がやり残してきてしまった感じがしていて、それならばと、同じ協力隊で出会った夫と共にアフリカ工房を立ち上げシアバターの販売を始めました。シアバターが実際に売れることによって、村人の意識も変化してきました。とびきりのシアバターがズオ村から直接届きます。

 

アフリカ工房ホームページへ